STORM PICTURES
映画『地上の星―二宮金次郎伝』
クラウド ファンディング 実施中!
皆様の
熱いご支援を
お待ちしています。

五十嵐匠監督作品製作始動!

『長州ファイブ』『地雷を踏んだらサヨウナラ』『十字架』

企画●映画「地上の星」製作委員会

製作●『地上の星―二宮金次郎伝』製作委員会/万葉倶楽部株式会社/井上泰一/株式会社ストームピクチャーズ

原案●三戸岡道夫(「二宮金次郎の一生」栄光出版社)

脚本●柏田道夫(映画『武士の家計簿』)

プロデューサー●永井正夫(映画『のぼうの城』)

監督●五十嵐匠

製作協力●榎木孝明

 

キャスト

二宮金次郎(尊徳)●合田雅吏(神奈川県秦野市出身)

大久保忠真(小田原藩藩主)●榎木孝明(映画『半次郎』)

妻 なみ●田中美里

百姓 五平●柳沢慎吾

新勝寺照胤●田中泯

 

特別協力●大本山成田山新勝寺/株式会社コロナ

協力●全国報徳研究市町村協議会 /報徳二宮神社/大日本報徳社/映画『地上の星―二宮金次郎伝』市民応援団おだわら

オフィシャルSNS

最新情報はこちらでGET!

これまで一度も描かれることのなかった二宮金次郎の生涯! 復興に命をかけ生き抜いたその激動の生涯を初めて完全劇映画化!
私達は小さい頃から多くの偉人伝を聞き、人生の拠り所にして来ました。私が推進している「時代劇再生運動」では、 そんな人物を取り上げ真実のドラマ作りをして世界に発信したいと思っています。二宮金次郎もその一人です。 ただ残念ながら彼の正当な評価はなされていませんが…。 私の演じる小田原藩主の大久保忠真は、金次郎を見出し疲弊した農村の改革者に登用しました。 彼もまたその存在を世に知らしめたい魅力的な人物の一人です。今の世の中に欠けている最も大事なものは何なのかを、 世界に問い掛ける作品作りを目指します。 ――榎木孝明 大久保忠真(小田原藩藩主)役
榎木孝明 写真

榎木孝明 Takaaki Enoki

武蔵野美術大学デザイン科に学んだのち、劇団四季入団。

1981年『オンディーヌ』で初主演。

1983年劇団四季を退団し、翌年のNHK朝の連続テレビ小説『ロマンス』の主演でテレビデビュー。以後、映画『天と地と』テレビ『浅見光彦シリーズ』『NHK大河ドラマ』、

舞台などで活躍。絵と旅を好み、アジア各地を中心に世界の風景を描き続けている。

二宮金次郎は、これまでの封建社会の枠組みを覆すような独特のやり方で荒廃した村々を、『プロジェクトX』ばりに次々と復興させてゆきます。その数、なんと600以上。映画『地上の星―二宮金次郎伝』は、貧しさと必死に戦う少年金次郎の姿を交えながら、青年時代、復興に賭ける輝ける二宮尊徳の激動の生涯をドラマチックに映画化するものです。 CAST & DIRECTOR
『二宮金次郎』この名前を知らない人はいないでしょう。ですがその本当の人物像を知らない人は多いと思います。 身の丈180cmを超え、ひたすら真っ直ぐに生きた天才革命家。農政家、 思想家と言われるが、私にとっては同時期に生きた 坂本龍馬や勝海舟と並んでも遜色ない革命家であると思っています。 その波乱に満ちた人生を演じさせてもらえるこの歓び。言葉に尽くせません。 地元・小田原のいえ日本の偉人である金次郎の土にまみれた真っ直ぐな姿を100年伝えられるよう役者人生をかけて挑みます。 ――合田雅吏 二宮金次郎役
合田雅吏 写真

合田雅吏 Masashi Goda

1970年神奈川県生まれ <小田原ふるさと大使>

‘95年『超力戦隊オーレンジャー』三田裕司/オーブルー役で俳優デビュー。

'03年から'10年までTBSドラマ『水戸黄門』に5代目渥美格之進役でレギュラー出演。

ドラマ以外にも舞台など幅広く活躍している。

人は言う。「なぜ今、二宮金次郎なのか?」と。 大震災後、限りなく叫ばれる「復興」という文字。二宮金次郎(尊徳)は生涯全国六百もの村々を復興させた巨人である。 その仕法は独特のものだ。復興したいとするその人間の本気を試し、受けたら捨て身で復興に賭ける。 その姿は農政家というより革命家に近いものだ。 私は思う。〝なぜ今なのではない、この荒廃した日本だからこそ、 今「二宮金次郎(尊徳)」が必要なのだ〟と ――五十嵐 匠 監督
五十嵐 匠 写真

五十嵐 匠 Sho Igarashi

1958年青森県生まれ。'96年にはピューリッツァー賞カメラマン沢田教一の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『SAWADA』で毎日映画コンクール文化映画部門グランプリ、

キネマ旬報・文化映画グランプリなど数々の賞を受賞。『地雷を踏んだらサヨウナラ』('00浅野忠信主演)、『長州ファイブ』('07松田龍平主演)、

『半次郎』('09榎木孝明主演)、『十字架』('15小出恵介、木村文乃主演、重松清原作)などを監督。
国内外で高い評価を得ている。

ただいま、映画『地上の星―二宮金次郎伝』では、製作資金をご支援いただくクラウドファンディングを期間限定で実施しています。このプロジェクトは、皆様一人一人の、草の根の力が集まって、二宮金次郎が唱える「積小為大」(小さな事を積み重ねて大きな事を成す)の精神で映画「地上の星―二宮金次郎伝」の完成を目指します!

支援額は1,000円からとなっており、お小遣いからでも映画作りに参加できます。ご支援の特典は、映画のペアチケットやオリジナルグッズ、DVD、プレミア上映会など魅力的なアイテムを多数ご用意しています。また企業の皆様へのスポンサードプランもご用意しています。

ぜひ、この機会にご支援いただき、二宮金次郎の映画づくりにご参加いただければと思います。

*「金次郎サポーター」の募集は、クラウドファンディングの実施期間中は休止いたします。再開は7/13(金)を予定しています。

クラウドファンディングの参加はこちら!

お問い合わせ

映画「地上の星―二宮金次郎伝」製作準備委員会事務局

〒107-0052 東京都港区赤坂8–7–10 ヴィラハイツ赤坂新坂町101号

株式会社ストームピクチャーズ内 担当 児玉

お電話

TEL.&FAX. 03-6455–5850

お問い合わせフォーム

個人情報の取り扱いについて

  • お寄せいただいた個人情報、お問い合わせ内容は厳重に管理し取り扱います。
  • いただいた個人情報は、お問い合わせのご回答、本映画の宣伝・広報活動に使用する場合があります。
  • こちらから映画の関連情報をメールでご案内することがございます。

*は必須項目

必須

必須

必須

必須

必須

必須

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを送信しました。

必須

クラウドファンディングで
映画作りに参加しませんか?
金次郎

合田雅吏 榎木孝明

田中美里 柳沢慎吾 田中泯

 監督:五十嵐匠 プロデューサー:永井正夫 脚本:柏田道夫 原案:三戸岡道夫(「二宮金次郎の一生」栄光出版社)

企画:映画「地上の星」製作委員会 製作:『地上の星―二宮金次郎伝』製作委員会/万葉倶楽部株式会社/井上泰一/株式会社ストームピクチャーズ 製作協力:榎木孝明

特別協力:大本山成田山新勝寺株式会社コロナ

協力:全国報徳研究市町村協議会 /報徳二宮神社大日本報徳社/映画『地上の星―二宮金次郎伝』市民応援団おだわら

2018年 日本映画/映画『地上の星』/上映時間1時間40分

製作:株式会社ストームピクチャーズ

©ストームピクチャーズ

Copyright ©︎ STORM PICTURES Inc. All rights reserved.

STORM PICTURES
皆様の
熱いご支援を
お待ちしています。
クラウド ファンディング 実施中!
映画『地上の星―二宮金次郎伝』
これまで一度も描かれることのなかった二宮金次郎の生涯! 復興に命をかけ生き抜いたその激動の生涯を初めて完全劇映画化!
二宮金次郎は、これまでの封建社会の枠組みを覆すような独特のやり方で荒廃した村々を、『プロジェクトX』ばりに次々と復興させてゆきます。その数、なんと600以上。映画『地上の星―二宮金次郎伝』は、貧しさと必死に戦う少年金次郎の姿を交えながら、青年時代、復興に賭ける輝ける二宮尊徳の激動の生涯をドラマチックに映画化するものです。 私達は小さい頃から多くの偉人伝を聞き、人生の拠り所にして来ました。 私が推進している「時代劇再生運動」では、 そんな人物を取り上げ真実のドラマ作りをして世界に発信したいと思っています。 二宮金次郎もその一人です。 ただ残念ながら 彼の正当な評価はなされていませんが…。 私の演じる小田原藩主の大久保忠真は、 金次郎を見出し疲弊した農村の改革者に 登用しました。 彼もまたその存在を世に知らしめたい魅力的な人物の一人です。今の世の中に欠けている 最も大事なものは何なのかを、 世界に問い掛ける作品作りを目指します。 ――榎木孝明 大久保忠真(小田原藩藩主)役
榎木孝明 写真
CAST & DIRECTOR
『二宮金次郎』この名前を知らない人は いないでしょう。ですがその本当の人物像を 知らない人は多いと思います。 身の丈180cmを超え、ひたすら真っ直ぐに 生きた天才革命家。農政家、 思想家と言われるが、私にとっては同時期に 生きた坂本龍馬や勝海舟と
並んでも遜色ない革命家であると 思っています。 その波乱に満ちた人生を演じさせてもらえる この歓び。言葉に尽くせません。 地元・小田原のいえ日本の偉人である金次郎の土にまみれた真っ直ぐな姿を100年伝えられるよう役者人生をかけて挑みます。 ――合田雅吏 二宮金次郎役
合田雅吏 写真
人は言う。 「なぜ今、二宮金次郎なのか?」と。 大震災後、限りなく叫ばれる「復興」という 文字。二宮金次郎(尊徳)は生涯全国六百もの村々を復興させた巨人である。 その仕法は独特のものだ。 復興したいとするその人間の本気を試し、 受けたら捨て身で復興に賭ける。 その姿は農政家というより 革命家に近いものだ。 私は思う。〝なぜ今なのではない、 この荒廃した日本だからこそ、 今「二宮金次郎(尊徳)」が必要なのだ〟と ――五十嵐 匠 監督
五十嵐 匠 写真
クラウドファンディングで
映画作りに参加しませんか?